• 096-200-8593
Previous Next

御船町観光交流センター・恐竜博物館中庭にて 化石発掘体験が再開

3月から、御船町観光交流センター・恐竜博物館中庭にて
化石発掘体験が再開しました。
9000年前の地層から持ってきた石を中庭に持ってきて化石発掘体験をしています。

皆さんは「ふりかけ」はお好きですか?

こんにちは、地域おこし協力隊の緒方です。

皆さんは「ふりかけ」はお好きですか?

日本独自の食文化で、
熊本が発祥ともいわれる国民食「ふりかけ」。

保存が効くうえ、そのまま食べられるとあって震災時の防災食としても活躍したそう。
近年では不足しがちな栄養価を補えることから食育や医療の現場でも注目され、バリエーション豊かに進化しつづけています。

開発中の〝御船町×通宝海苔コラボふりかけ〟は、
旨みそのままにフリーズドライされた「納豆」と、
風味豊かな海苔屋自慢の「海苔」、
さらに「御船産食材」の共演とあって完成が楽しみです!

Previous Next

オールみふね恐竜の郷復興プロジェクトでは、 「特産品開発事業」に取り組んでいます。

オールみふね恐竜の郷復興プロジェクトでは、
「特産品開発事業」に取り組んでいます。

今回の企画では、美味しい海苔や風雅巻でお馴染み“株式会社 通宝”の全面協力のもと、
全国ふりかけグランプリ金賞受賞の大ヒット商品「納豆ふりかけ」と、
御船産「水前寺菜」のコラボ商品を開発中です!

キーワードは、
「住民参加型」のものづくりにすること。
そして「販路開拓」「提案営業」を丁寧に取り組むこと。

「モノを作ったはいいが売り先がない」「認知されずフェードアウトしてしまった」などの特産品開発で陥りがちな課題を一つひとつクリアしていくことに注力しています。

春には「ふりかけ総選挙」を企画中!
グランプリに輝いたふりかけは、百貨店や都内アンテナショップに並ぶ予定です!

全国に御船町をPRできるツールのひとつになればと思います。

みふね恐竜観光ガイド養成講座を開催

御船町地域おこし協力隊員の藤谷です。

2月8日にみふね恐竜観光ガイド養成講座を開催しました。
内容は、御船町で見つかる貝の化石について・家庭でできるクリーニング法です。

今回は、御船層群にでる貝の化石の『二枚貝の殻のつくり』を学びました。
御船層群産の貝は、約31種類もあるそうです。

棚田などの被害調査にドローンを利用しました。

 

被害調査のサンプル映像を撮影しに行ってきました。